保険見直し、内訳を理解しよう

生命保険の内訳を知っておく必要があります。生命保険は保険料を支払いますが、その保険料から営業経費などを差し引き、その残りの分に関して保障に利用する部分、将来の一時金等として利用する分に分けられます。

掛け捨ての保険とお祝い金が出るタイプの保険では、支払う保険料からお祝い金を積み立てているという事になります。もしも同じ保障内容の掛け捨て部分に4000円というタイプと、一時金あり、つまりお祝い金が出るタイプの保険が4500円という場合、差額となる500円を積み立てていて、差額分の500円をお祝い金として利用するという事になるのです。

こうしたお祝い金が出るタイプの保険は、なんだか得をしたように感じますが、自分の出す保険料から積み立てていて、それを受け取るという事になるので、お得、という事にはなりません。自分が払ってきたお金をもらうという契約で担っているという事です。

ただ貯金する事が苦手で、保険からふと健康お祝い金としていくらか戻ってくるという事があれば、貯金しているようなものですし、不意にもらえるお金なので嬉しいという気持ちになる事は確かです。お得という事にはならないのですが、貯めてあるお金を定期的に利用できると考えると、貯蓄が苦手な人にとってはいい保険となるでしょう。

お祝い金がある生命保険見直し

生命保険や医療保険は万が一の場合に、自分、家族を守る保険となるため、多くの方がもしもに備えて加入されています。しかし保障をしっかりと考えていくと保険料も高くなり、しかも、健康に過ごしていれば全く必要のない捨てるようなお金と考えてしまう方が多いので、もったいないと考える方もいます。

確かに保険というのは、万が一に備える商品なので、健康であれば毎月保険料を入れていることにもったいないと感じるかもしれませんが、ここで保険を辞めてしまうという事になると、万が一の際に何も保障がない不安な状態となってしまうのですから、これはお勧めできません。

最近はこうした意見を踏まえて、保険会社の商品によっては、健康で一定の年数を過ごされた場合、お祝い金が出る、というタイプの保険も多くなっており、こうしたタイプの保険へ保険見直しを考える方も多くなっています。

お金に困らない状態であれば、自分と家族を全部守ってくれるサポート力の強い保険に加入しようと考えます。ある程度費用がかかっても家族が困らないためには仕方ないと考えることができます。しかし、経済が現在のようにいつまでも不安定という状態になると、保険料も家計に響いてくるので、健康でいるのになんだかもったいない気持ちになってしまうのです。

しかし、保険は絶対に必要です。自分が亡くなった時、また大黒柱である夫が亡くなった時、支えてくれるのはやっぱり保険です。当サイトでは、生命保険でお祝い金が出るタイプ、健康で保険を使用しなければいくらか戻ってくるタイプの保険に注目しました。これから保険見直しを考える方の参考サイトとなれば幸いです。