保険見直し、内訳を理解しよう

生命保険の内訳を知っておく必要があります。生命保険は保険料を支払いますが、その保険料から営業経費などを差し引き、その残りの分に関して保障に利用する部分、将来の一時金等として利用する分に分けられます。

掛け捨ての保険とお祝い金が出るタイプの保険では、支払う保険料からお祝い金を積み立てているという事になります。もしも同じ保障内容の掛け捨て部分に4000円というタイプと、一時金あり、つまりお祝い金が出るタイプの保険が4500円という場合、差額となる500円を積み立てていて、差額分の500円をお祝い金として利用するという事になるのです。

こうしたお祝い金が出るタイプの保険は、なんだか得をしたように感じますが、自分の出す保険料から積み立てていて、それを受け取るという事になるので、お得、という事にはなりません。自分が払ってきたお金をもらうという契約で担っているという事です。

ただ貯金する事が苦手で、保険からふと健康お祝い金としていくらか戻ってくるという事があれば、貯金しているようなものですし、不意にもらえるお金なので嬉しいという気持ちになる事は確かです。お得という事にはならないのですが、貯めてあるお金を定期的に利用できると考えると、貯蓄が苦手な人にとってはいい保険となるでしょう。